お肌へのいたわりを優先

女性なら誰しもが気になるムダ毛。足や腕、ワキ、そして、デリケートな部分まで処理する人もいるといいます。欧米では特に、デリケートな部分の毛を処理していないと不潔と見なされる傾向があるために処理をしている女性が多いと聞きます。確かに一番、不潔になりやすい部分ですよね。下着などで、常に締め付けるため、ニオイや湿気などが篭りやすくなります。デリケートなお肌の方は、肌荒れを起こしやすくなることもあります。ほかの部分のムダ毛は、あったとしても肌に悪影響を与えることはほぼないですが、デリケートな部分のムダ毛はそうはいきません。肌荒れを起こしやすい人は、少し処理をした方が良いかもしれませんね。肌荒れが特に起き易い部分のムダ毛のみ処理するようにすれば、処理するときの痛みも少量で済みます。必ずかみそりや毛抜き等の器具で、処理しないことです。お肌がデリケートな人なら尚更です。処理する場所で良いのはお風呂場の湯船の中です。毛穴が開いているので、抜けやすくなり痛みもあまり感じなくなります。そして、ある程度伸びきっている毛を指でそっと抜きましょう。皮膚を引っ張るようにして抜いてはいけません。お肌がたるんでしまいますので、必ず片方の手で、抜く毛の皮膚を押さえて、もう片方の手で、毛を抜きましょう。他の部分の毛は、見た目が綺麗になるから抜くのであって、肌のために抜くということではありませんので、より肌のためにと思うのなら、処理方法は、剃ったり、抜いたり、除毛液等で処理しない方が良いでしょう。ムダ毛をこれ以上、生えさせない、濃くさせない、抜けやすくする。という程度のお肌に優しいものを利用して、処理しましょう。豆乳ローションでの処理はとても良い方法です。肌にもとっても良いので、キメ細やかで綺麗な肌になれます。それ程、高価でもありませんし、お手軽で、お肌にも安心です。ムダ毛を綺麗に処理できてもお肌が綺麗でないと意味がありません。まずお肌をいたわることを最優先しましょう。

エピレ 勧誘

肌荒れの原因の影に

「肌あれ」というのは医学用語ではなく、一般的に、肌のカサつきや赤み、ブツブツといった肌の悩みを総称してこのように呼んでいます。クリニックを訪れる患者さんの悩みのトップにもなっています。

よく「肌があれるのは、化粧品のせいでは」と訴える人がいますが、肌あれを起こしたからといって、必ずしも化粧品が悪さをしているとは限りません。そのときの体調などが原因となることもありますし、精神的なことが原因になることもあります。「肌は内臓を映す鏡」という言葉を聞いことはありませんか?胃もたれ、便秘、不足、ストレスなど、からだの不調が積み重なり、その結果として肌に現れることは、実際よくあることです。まず、自分の生活習慣などを改め、無理はしないで体調を整えることから始めてみましょう。

つぎに、化粧品ですが、肌があれ出したときは、刺激を避けなければなりません。よく見られるのは、クレンジング料の刺激による肌あれです。クレンジング料は、洗顔料よりも洗浄力が強いので、どうしても肌に負担がかかります。化粧品を全部変える前に、まずはクレンジング料を敏感肌用のクリームタィプ(洗い流すタィプ)のものにしてみましょう。また、ふきとるタィプの化粧水も、刺激が強いので避けます。日焼け止め化粧品(とくに日焼け止め効果の高いものやウォータープルーフタィプ)も、肌あれを起こすことがあるので、毎日使っている人は見直す必要があります。

肌あれを起こす原因は、いくつも考えられます。自分が思ってもいなかったことが、影響していることもあるでしょう。そこで、「肌あれの原因を知るチェックテスト」を利用するのもひとつの方法です。解決のヒントが見つかります。

http://ミュゼ銀座j.net/

Categories
Bookmarks